薬剤師の定年

定年が薬剤師にあるかというのは、単純には答えることができません。
というのは、どのような薬剤師かということによって違ってくるためです。
病院勤務や製薬会社勤務、公務員の薬剤師等の場合には、その職場で決められている定年がもちろんあります。
定年後に、嘱託で場合によっては再雇用という場合もあるかも知れません。
一般のドラッグストアや薬局の場合には、かなり高齢の薬剤師を目にする場合があります。

このようなドラッグストアや薬局では、年齢をあまり気にせずに仕事ができます。
そのお店のオーナーが、定年など決定する裁量権があるため、何歳まで仕事をするのかをお互いに話し合って決定することもできます。
最近は、特に必ず薬剤師を置かないと営業できなくなっているため、薬剤師を年齢とは無関係に雇っている場合がよくあるようです。
世の中では定年になっても、まだ仕事をしたいと考えているような人は多くいます。

これは薬剤師の場合でも、別の職業の場合でも共通しているでしょう。
これから日本はますます高齢化の世の中になっていきますが、生活を活き活きとする高齢者を多くする必要性があるため、病院や製薬会社で仕事をしていた薬剤師を再度雇うようなケースは多くなってくることが考えられます。
若い薬剤師の中で、高齢になっても仕事をてきぱきと行う薬剤師が当然のようになっていくのではないでしょうか。
本サイトでは、何歳が定年なのか、定年後も仕事が有利、薬剤師は有利さがある、についてご紹介します。